« StandardSong entertainment Presents えくぼ 〜people song〜 @ 東京芸術劇場 小ホール1 9/26 | トップページ | 平成レボリューション 〜バック トゥザ・白虎隊 @ 全労済ホール/スペース・ゼロ 10/4 »

2007年10月 5日 (金)

℃-ute ライブツアー2007秋 〜放課後のエッセンス〜 @ 横浜BLITZ 9/30 昼夜

めっちゃ楽しみにしていた℃-uteのライブツアー。

やっとやってきました9/30。今年はBLITZ率高いなぁ〜、今年何度目だろ。

ただ、どうしてもライブハウスでやる意味が理解できないんですが(苦笑)。やっぱ、座らなくても椅子のあるとこが良い。

例のごとく昼夜の2公演参加。
いちおう、既に大阪・名古屋・仙台公演が終了してるんですが、遠征しないがモットーの自分は今日が初めて。なので、昼はファミリー席と夜は一般といういつものパターン。

よって、昼公演時にセットリストメモってきました。

【9/30のセットリスト】
1. 都会っ子 純情
2. めぐる恋の季節

MC(自己紹介)

3. 桜チラリ
4. ENDLESS LOVE 〜I love you more〜
5. タイムカプセル(矢島・中島)

MC(Buono!自己紹介)

6. ホントの自分(Buono!)

MC(放課後コント 矢島・萩原)

7. 通学ベクトル(梅田・有原)
8. EVERYDAY YEAH! 片想い
9. ディスコ クイーン
10.美少女心理
11.まっさら ブルージーンズ

MC(矢島・梅田)

12.二人はNS(岡井・萩原)
13.夏 リップスティック(矢島)

MC(梅田メインのコント?コーナー?)

14.That's the POWER
15.As ONE
16.YES!しあわせ

MC(客席煽り)

17.僕らの輝き
18.JUMP

En.1 大きな愛でもてなして

MC(Bouno!と℃-uteメンバーの感想)

En.2 わっきゃない(Z)


でもって昼夜分けて感想書きます。

【昼公演】
ファミリー席でまったりと見て参りました。
いきなり、最初の自己紹介の段階から舞美(矢島舞美さn)の声がボロボロ。
これまで、名古屋とか参加したチームによればどうも毎回ボロボロのようだったので、今回もそれかと思ってました。いつも通りそのまま終わるもんだと。

9/30はこのツアーでこの日だけスペシャルゲスト「Buono!」が参加。このおかげで℃-uteのライブでBerryz工房の嗣永&夏焼さんも見れるというお得な雰囲気。

そのスペシャルゲストは、意外に早いうちに出てきちゃいました。で、結局Buonoの曲1曲だけやって終了。ホントに一瞬で消えていった感じ(笑)

でも、めっちゃお得な感じはしました。
・・・が、その為に他の公演であった「FIRST KISS」が飛ばされちゃいました。うーん、お得感半減。

それでも、今回のツアーは「通学ベクトル」を愛理(鈴木愛理さん)以外のメンバーが歌ったりとか、「美少女心理」が聞けたりとかお腹いっぱいっす。

引き続き、舞美の声がボロボロのままソロ曲「夏 リップスティック」へ。前回のツアーではキーをさげて歌っていたのに今回は原曲ままだったような。ここだけ急に復活する訳がないのでリップシンクであることは明白だったけど、笑顔で乗り切りました。

なんか、このツアーの定番になってる(らしい)「That's the POWER」の梅さん(梅田えりかさん)掛け声、9/30昼公演は「使ったタオル」。曲中に散りばめられた「使ったタオル」はなかなか面白かったっす。梅さんこういう所で不思議な魅力を発揮する人だわ。

「YES!しあわせ」で舞美の声がマイクから聞こえなくなりました。彼女は歌ってるんだけど聞こえないので僕はてっきりマイクが飛んだのかと思ってました。お客さんは舞美(か、マイク)の異常を察したので、彼女のパートはお客さんが歌ってカバー。℃-uteファンの暖かさがめっちゃ出てました。みんなスタンディングで押し合いへし合いなのにね。

本編が終了して、異常に長いアンコールまでの間。
観客全員に不穏な空気が流れ始める中、メンバー再登場。
・・・いませんでした、舞美。ついにダウン。

アンコールは曲スタートなので、一人いないことには特に触れずに「大きな愛でもてなして」が進んでいきました。

ただ、この曲は、舞美が欠場したために、舞美パートはほぼすべて鈴木さんが歌ってました。もともと、サビの部分は舞美&愛理の二人しかパートが振られてないので、急遽重責を一手に任された愛理。でも、まったく違和感無く、これまでもそうであったかのように全部歌いきってました。まぁ、メインボーカル1人と5人のバックチームというかなりアンバランスな点は、それはそれで貴重なものだったし。なにより愛理ファンに取ってはたまらない曲になっちゃいました。

そしてさらに、2番からはBuono!の二人がバックチームに合流。会場が(なぜか微妙に)ヒートアップ。それでも、メインボーカルは愛理1人のままなのでもはや愛理ショー。あぁ、めっちゃたまらん。

最後のMCは舞美不在のままBuono!とメンバーの感想言っていったんだけど、仕切りの梅さんが動揺したのかグダグダ。
しかも千聖(ちさと:岡井千聖)までも自分のコメントの後袖にハケるビックリ状態。ま、千聖はそこでスタッフさんから舞美の状態聞かされたようで最後に「ちょっと、リーダー張り切りすぎちゃってお休みしてます。ごめんなさい」って言ってました。なんか一瞬「寝るキュー」思い出しちゃいました。

最後の「わっきゃない」は舞美の部分、千聖とか梅さんとかが代理してました。「大もて」もそうだけど、わずかな時間で代理を勤め上げるメンバー達。彼女たちもすっかり成長したなーなんてちょっと感動しちゃいました。

そんなこんなで昼公演はめちゃめちゃ貴重な公演に。

ありがとう!いい〜薬です!(謎)


【夜公演】
夜は、1階のスタンディングで参戦。でも、整理番号がダメダメだったので最初っから前の方は諦めていて下手側後ろの方に陣取ってました。

昼公演で途中欠場した舞美はなんとか最初から復活。

最初のMCで昼公演途中で抜けちゃったのを謝ってました。が、その声ももはや危険な状態。お隣にいた、知り合いの舞美ファンも開演前から、出て欲しい気持ちと無理して欲しくないという気持ちにかなり葛藤してました(切実)。

夜の「夏 リップスティック」はキーを下げた感じ、もしかしたら居場所によって聞こえ方が違っただけかも。もちろん、リップシンクではありましたが。

内容的にはほとんど昼と同じ。梅さんの「That's the POWER」掛け声は「ハマッ子サイコー」。でも、曲中一回だけ「そちらはどちら」をかましてきて変化かけてきました。

あと、アンコール最後のMCでBuono!退場後ホントは℃-uteメンバーのコメントが入るはずが、すっ飛ばして曲へ(笑)
曲始まりに会場中が「やっちまった」雰囲気に。

曲終了後に改めて℃-uteメンバーのコメントを入れて終了。一時はどうなることかと思ったさ。

ハイ、夜公演の感想はこれだけ。

・・・あくまでも「℃-uteのライブ」のはネ。

実は、自分公演開始後ふと2階席の方に目をやったら、自分の斜め前方上に見覚えのある顔が。

なんと、キャプテン(清水佐紀さん)&千奈美(徳永千奈美、ともにBerryz工房)さんが!
下から見えるので彼女達の視線を気にすることなく至近距離で見ることが出来・・・

どちらかと言えば℃-ute<Berryz工房な自分にとって、その時点からそっちの方が気になってしまいまして、ごめんなさい最初の自己紹介のときなんか中島早貴さん以降(といっても二人かな)何言ったか記憶すらないです(苦笑)。

清水&徳永さんは、Bouno!の嗣永さん場面を真似してみたり、桜チラリを一緒に踊ってみたり、梅さんの掛け声が決まるコントがツボにはまったらしく、椅子からひっくり返りそうなくらい大爆笑する千奈美とか・・・

もはや、なんのライブかわからない状態に(苦笑2)

ま、途中からなんとか℃-uteに目を向けるように頑張りました。

そんなこんなで、ある意味夜公演も貴重な公演になっちゃいました。

先週のごっちん紺でも関係者席にBerryzメンバーがいるのを発見しちゃいましたが、なんかそういうセンサーだけは異常なまでに働くっぽい(笑)

いやぁ、「FIRST KISS」が無くなっちゃったり、「通学ベクトル」が愛理ソロでなかったのは残念でしたが、昼公演も夜公演も「もう食べられないよ〜」ってくらいお腹いっぱいでした。

次の℃-uteは10月21日のZepp Tokyo。今度は昼夜ともスタンディングなので、気合い入れてガンバンベ〜!!!

・・・でも、やっぱりライブハウスじゃなくてホールでやりましょうよ・・・・

|

« StandardSong entertainment Presents えくぼ 〜people song〜 @ 東京芸術劇場 小ホール1 9/26 | トップページ | 平成レボリューション 〜バック トゥザ・白虎隊 @ 全労済ホール/スペース・ゼロ 10/4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« StandardSong entertainment Presents えくぼ 〜people song〜 @ 東京芸術劇場 小ホール1 9/26 | トップページ | 平成レボリューション 〜バック トゥザ・白虎隊 @ 全労済ホール/スペース・ゼロ 10/4 »